足の違和感を感じるむずむず症候群はドーパミンやチロシンなどが現認で眠れないことでジンジンもぞもぞし

3669

足の違和感

足の違和感を感じるむずむず症候群は、脳内の伝達物質であるドーパミンの機能障害や鉄欠乏症、遺伝的な要因が問題である特発性と、何らかの病気が原因によって引き起こされる二次性に分けられます。

 

ほっておくと命取り!

二次性の場合は、鉄欠乏性貧血や慢性腎不全、パーキンソン病、脊髄疾患、関節リウマチなどのほか、ビタミンBや葉酸が欠乏することで妊娠中に引き起こされることがあります。

 

これらの場合には、早期に疾患を見つけて治療していく必要があります

 

それに対して特発性は、詳しく発症のメカニズムが解明されていない症状です。

 

夜になると足がムズムズしたりジンジンする、もぞもぞしてしまうなどの症状が引き起こされます。

 

そのためなかなか眠れないことでイライラしたり、グッスリできないため眠りが浅くなってしまいます

 

生活の質が落ちてしまいます

このような状態になると、昼間に眠くて仕方なくなったり、体がだるくてつらい、仕事や家事に集中できなくなってしまい生活の質が低下してしまいます。

 

この症状に大きく関係するのがドーパミンです。

 

運動や感覚を制御する神経の興奮を抑えたりする働きもあり、不足することで末梢神経の異常が抑えられなくなっているされています。

 

不足してしまう理由としては、生成力が落ちている、材料となるアミノ酸であるチロシンや鉄分不足などが考えられます。

 

ムズムズシラズはそんなドーパミンの材料となる、チロシンや鉄分、ビタミン類などが含まれているサプリメントになります。

 

天然由来の成分で、体に負担をかけることなく症状を改善します。

関連ページ

チロシン配合でドーパミン機能向上できる
むずむず対策専用のサプリメントはムズムズシラズにお任せください。夜寝ている間の嫌なむずむずで眠れない、寝た気がしない、そんなお悩みがある方には専用のサプリメントをおすすめします。食事からなかなか摂ることが難しい栄養素を効率よく吸収できるのが特徴です。